趣旨・活動内容

森林塾青水の想い

自然に学び・憩い・感謝する、そういった心の持ち主の集いです。先人が自然との関わりを通じて培って来た知恵を見直し、継承しつつ現代に活かしていき ます。合い言葉は『飲水思源』。文字通り水を飲めば源を思うべしということです。人類の今日あるその所以は何処にありやを問い、現代人が忘れて久しい、雨 水とそれを育む森、里山、大自然の恵みに感謝しつつ、そのもとをなす生物多様性と原風景を次世代に、孫たちの世代につないで行きます。
活動のモットーは「楽しみながら良い汗をかく」です。

活動内容

地域の皆さんと一緒にこんな活動を展開中です

1.元入会山の再生と活用

・ススキ草原(元茅場)の春の野焼き、秋の茅刈り、侵入樹木や外来植物の除伐

~刈り取ったススキは、関東一円の重要文化財の茅葺材や断熱材、農業用マルチ材として供給しています

・ミズナラ林(元薪炭林)に散策路をつくり、自然観察会や森林セラピーの場として活用

~高齢木を伐採し原木キノコ栽培や割薪づくりをしつつ、落葉広葉樹の美林づくりを進めています

2.生き物調べと生物多様性の保全

・上記1.の活動はすべて、生物多様性の保全を強く意識して実施

・また、モニタリングサイト1000に参加、草原と森の動植物や景観へのインパクト調査も継続中

3.古道の再生、フットパスとしての蘇生

・集落内に残っていた昔の生活道や木馬道(キンマミチ)を復元し、フットパス地図を作成

~自然ふれあい楽習や地元民宿組合主催「秋の健康ハイキング」などの場として活用しています

4.古民家の再生と活用

・集落内で空き家となっている古民家について、持ち主や利用状況について調査

・そのうちの一戸を再生・整備

〜教育旅行や地域間交流の拠点としての活用を図ります

5.先人の暮らしの知恵=入会慣行の現代版の模索

・里山で培われた生活の知恵を学び、現代にふさわしい新しい「里山のルール」を制定

~水源地域の豊かな自然の恵みを、流域のみんなで支える「流域コモンズ」づくりを実践中です

 

そして夢は大きく・・・、将来は『地域まるごと博物館』づくりを目指します。

首都圏の水がめ=生命の水のふる里全体が「人と生き物が入り会う」博物館です!

活動実績

「活動の歩み」 参照

これからの10年:活動の道しるべ  (2011年4月、10周年を機に策定)

何をするの 「水源地域の環境資源(自然の恵み)を持続的に利用・管理する仕組み」の実践
具体的には 


1.元入会山(茅場/ススキ草原と薪炭林/ミズナラ林)の再生と活用
2.古道の再生と活用(→フットパス)
3.古民家の再生と活用(→教育旅行、山村文化体験)
どうやって 

 

 


1.地域循環型利用(特に、今日的用途開発)促進と管理徹底(火入れ・茅刈り・除伐)
2.新たな担い手の確保
①老→壮→青(若手につなぐ=地元も都市住民も)
②点→線→帯(流域コモンズの形成=利根川つながり)
その心は 合言葉『飲水思源』
目指すは 

 


人と生き物が入り会うコモンズ村・ふじわら
→ 地域・流域のにぎわい
→ 善玉キーストーン種
活動の 

モットー

これからも、楽しみながら良い汗をかきましょう!