「人と生き物の入会地」を目指して
水源の地に、思いをはせて水を飲む。
「飲水思源」を合言葉に、利根川でむすばれた上流部と下流部の住民が、群馬県みなかみ町・藤原地区にある元入会地(いりあいち)や古道、古民家の再生・保全と活用に取り組んでいます。
主たる活動フィールドは、かつての茅場(ススキ草原11ヘクタール)と薪炭林(ミズナラ林10ヘクタール)からなる元入会地(21ヘクタール)です。
□ これを森林塾青水(せいすい)がみなかみ町から借り受け、
●春の野焼き ●侵入木の伐採 ●秋の茅刈り
●茅葺材の供給 ●生き物調べ
●ミズナラ高齢木の伐採 ●原木キノコや割薪の供給 ●自然ふれあい楽習の場の提供
など、管理放棄地の再生と活用に取り組んできました。
□ ほかにも、地域住民・古老へのヒアリングやフィールドスタディーの結果を踏まえ、
●古道の再生とフットパスとしての活用
●古民家の再生と教育旅行や交流拠点としての活用
など、さまざまな地域再生・活性化の活動に取り組んでいます。
目指すのは「人と生き物の入会地」
水源地域の豊かな自然の恵みを、流域のみんなで利用しつつ次世代につなぐ、「流域コモンズ」づくりです。

イベント情報

  • 10月の一大イベント、茅刈りですが、10月29日(土曜)、30日(日曜)に行います。題して「錦秋の茅場で茅刈・ボッチづくり」(←くわしくはここをクリック)。 皆で茅を刈ることにより草原の富栄養化に歯止めがかかり、多様な生物が棲む豊かな草原が保全されます。また刈った茅は、集落の皆さまを通じて茅葺き業者に買い取られ、重要文化財の保全に役立てられます。そして何より、一面紅葉の澄んだ空気の中、茅を刈るのは楽しい楽しい。お申し込みは10月17日に締め切ります。お早目にどうぞ。
  • 9月のイベントは面白いこと請け合い。9月24日(土)、25日(日)と、一般参加プログラム「ミズナラ林の若返り伐採・木馬道の再生」(←詳しい案内書はここをクリック)を行います。今回は、上ノ原茅場の後に控えるミズナラ林の若返りのための伐採と、木馬道の再生を致します。
    チェーンソーを使えない人も手ノコで伐採を体験できます。
    上ノ原のミズナラ林を散策するコース道の一部は、かつて伐採した木材や薪炭を運ぶための搬出路(木馬道)でした。ミズナラ林伐採のかたわら、村の古老(樵経験者)の指導のもと、木馬道を少しだけ復活させ、昭和の山仕事のやり方を学びます。参加お申し込みは締め切りました。

  • いつもはお休みする8月ですが、藤原の諏訪神社で例大祭が行われるので、それにあわせて17日(水)から18日(木)にかけて、一般参加プログラム「藤原諏訪神社例大祭と草餅づくり」(←詳しい案内書はここをクリック)を行いました。

 

お知らせ

  • 茅風49号が発行されました。2016年5月から8月にかけての活動が載っています。生き物撮影のノウハウ、諏訪神社例大祭の記事、ちょっと固いところでは、ミズナラ林の私見伐採・草原再生調査結果の中間発表など、面白いですよ。是非ご一読を。
  • 日本ユネスコ国内委員会が、「みなかみ」(群馬県、新潟県にまたがる地域)をユネスコエコパーク(生物圏保存地域、英名BP=Biosphere Reserves)に推薦すことを決定いたしました。みなかみ町がユネスコに提出する資料には、森林塾青水の資料が沢山使われています。ユネスコ本部での決定は2017年夏頃の予定です。
  • 「茅風」48号発行。1月から4月にかけて行われた、野焼きはじめとする一般参加歓迎プログラム、東京楽習会、それから現地情報の記事などの話題も載っています。ご覧ください。

  • 上ノ原が環境省「生物多様性保全のため重要な里地里山」(←クリック)に選定されました。全国で500か所、群馬県では、桐生市2か所、甘楽町1か所、片品村1か所、川場村1か所と並んで選定されたもので、努力のやりがいがあるというか、責任の重大さを感じさせられます。